FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日は僕らが調整をしている

骨盤の話をすこし。

骨盤はPELVIS(ぺルビス)とも呼びます。

カラダファクトリーの

APバランスの『P』はPELVIS(ぺルビス)の『P』です。

Pelvis(ぺルビス)はギリシャ語のpelis(ぺリス)に由来するラテン語で、

ローマ時代には縁がややめくれた広口の深い容器を意味します。

骨盤のことをpelvisというようになったのは16世紀の末みたいです。

男性と女性では形がすこしちがうのですよ~。

pelvis.jpg

女性は子供を産むから広く出来てるのですよ。

骨盤は1個の仙骨と、

それぞれ左右1対の腸骨・恥骨・坐骨の

7つの骨の総称なのです。

仙骨には尾骨がついてますね。

pelvis_pos.gif

そして骨盤はうごきます。

実際調整されたかたは

違いがおわかりになるとおもいます。

リラックスしているときは開きますし、

運動しているときは閉じるのです。

左右のバランスがゆがんでしまって

その動きがしなやかを失ってしまうと

筋肉が張り、血のめぐりが悪くなって

エネルギーがうまく伝わらなくなってしまい


肥満・便秘・不眠・生理痛・不妊症・・・・


いろいろなつらさにつながってしまいます。



開いたままでも閉じすぎでもよくないのです。

理想の骨盤は呼吸とともに動いてくれる、

バランスの良い

しなやかな骨盤です。

歪みを整えて、

動きをつけて、

正しい状態を長持ちするよう

安定させて、

皆様が楽に元気に過ごせるよう

僕らはこれからもがんばっていきます。

スポンサーサイト
2009.08.20 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。